クラウド型?オンプレミス型?

メール配信システムをクラウド型で導入する際の選び方

メール配信システムの導入を検討すると、数多くのクラウドサービスを目にすることになります。どのクラウドサービスを利用しても、メールの大量一括配信は行えます。マーケティング効果が期待できるメールテンプレートの提供や分析機能などの付加サービスで差別化がされていると言えます。このような付加サービスが自社の要望にマッチしているかも選定の時の重要な要素です。クラウド型では自社にサーバーを設置する必要がありません。サーバーの運用や保守もサービス提供企業に任せられるので運用負荷の増加もありません。サービス利用の申込みをすれば短期間で利用可能となり、実際に利用してみて良ければ課金して運用開始すれば良い手軽さが人気の秘密です。

メール配信システムをオンプレミス型で導入する方が良い場合

現在IT化が進んでいる企業は数多くあり、メールサーバーを自社で運用しているところもあります。さらに、自社にシステム開発できるエンジニアがいるケースも少なくありません。このような場合、費用をかけてクラウド型を導入するよりもオンプレミス型でメール配信システムを構築した方が良いケースがあります。メール環境があれば、自社のエンジニアがメール配信システムを開発することは可能です。IT化が進んでいる企業では顧客情報をはじめ、マーケティング情報などがデータベースに保持されていることが多いです。自社開発の場合、このようなデータと連携して自社の要望にあった柔軟な対応が可能となります。もちろん、エンジニアの負荷が増加してしまうことには考慮が必要です。