利用する目的にかなった機能が備わっているか?

メール配信方法や配信先で選ぶ

何を重視するのかによって、メール配信システムの選び方は異なります。どんな機能が備わっているのかチェックし、コストと機能のバランスがとれているかどうか、内容をチェックしてから申し込みましょう。まず、HTMLメールを送信するかどうか、選択することが望ましいです。テキストメールだけを配信する場合には比較的低コストで抑えることができます。ただし、写真を付けるなどHTMLの内容にこだわる場合には、HTMLメール配信が可能な配信システムを活用してください。また、メール配信先をパソコンだけではなく、スマホにも対応させるときには、スマホ対応済みのメール配信システムを選択することが必要です。ニーズに合わせて選択することで、効率よく必要な機能がある配信システムを選べるでしょう。

使いやすさを踏まえて総合的に確認を

アフィリエイトや企業として集客率などを分析する場合、配信結果を分析できるツールの有無を確認することは重要です。傾向を分析し、データとして表示できる機能があれば、対策を講じることも迅速に行えるでしょう。さらにメールを作成するにあたり、テンプレートの有無を確認することも重要です。HTMLを配信する場合、テンプレートがあるだけでかなり作業が楽になります。訴求力を高めるためのメールをスマートに作成できるかどうか、機能を確認するのも重要といえるでしょう。さらに配信システムの形態も考慮することが必要です。クラウド型なら初期費用がリーズナブルにすみますが、セキュリティ面をしっかりしたいなら、サーバーを購入して自社で管理できるタイプがいいでしょう。トータルでメール配信システムを選ぶことで、納得できる配信が可能です。