メール配信システムが得意なこと

大量のメールを一斉送信できる

顧客が増えるとメールの送信にも時間がかかってきます。その時間を削減しようと考えて、メールの一斉送信を始める企業も多いでしょう。しかし、通常のメールサービスでは大量のメールを一斉送信するのに時間がかかります。100件程度のメールであれば、ゆっくりでもメールを送信できますが、1000件以上になってくるとメールの送信を行っている途中でエラーが発生しやすいというデメリットがあります。そのデメリットを解消できるのが、メール配信システムです。メール配信システムは1000件以上のメールであっても、簡単に一斉送信ができます。メールの一斉送信に時間がかかることもありません。迅速かつ正確なメール送信を実現できるのが、メール配信システムの良いポイントだと言えます。

顧客ごとの管理が行いやすい

メール配信システムは顧客管理も得意としています。例えばユーザーを属性ごとに分類できるので、「どのユーザーがどんな内容のメールを求めていたのか」ということを把握しやすいというメリットがあります。顧客リストの管理がスムーズにできることで、エラーアドレスの整理も可能になっています。大量の名簿から送信できなかった宛先だけを削除できるため、無駄のない顧客リストを作れるでしょう。メール配信システムは、同じアドレスに二重配信してしまうこともありません。二重配信の予防ができるため、顧客から「何回同じメールを送ってくるんだ」と言われる心配もないでしょう。メールのカスタマイズができるのもメール配信システムのメリットです。カスタマイズを行うことによって、特別感のあるメールを顧客に送信できるようになります。